chanyoGUITAR

2020年12月



前回のJacobから、今回はvan dyke parks。

よく聞いてるアルバムの中の一曲目、衝撃を受けながらもとっつきやすさを感じた不思議な曲。


いやぁ、こんな曲よく作るよな。ミュージカルっぽいのかな、あんまりミュージカルとか知らんので、私は浅い人間です。

実は若い頃の情報あんまり知らないんだけど、
以下の動画があるみたい。

後ろに細野さんいる、昔の動画。
そしてYMO の細野さんと仲良いらしい。
以下の動画の9:42~ parksのことについて言ってる、「非常に優れたミュージシャン」と。




俺の環境でかもしんないんだけど、検索予測でも出てこない、マニアックな人?
まあ日本人で、YMO経由じゃなきゃこの人に行きつかないかもね、そんぐらいYMOと関わり強い人。


聞いてて落ち着くし、元気出る。

たまに、思い切りやってみることに躊躇してしまいすぎることが幾らかあって、
背中を押してくれるよね、こういう思い切り振り切れてる人。

書きながら聞いてるんだけど、
また元気をもらいました。

次回、細野さん。


今回はCory Henryに続き、Jacob Collier。

Snarky Puppy 、Coryともコラボしてて、まあアカデミックな人。、まず聞いて欲しい。


この展開、グルーヴ、コード感、どれも最上級な音楽界の最強ラスボスだと思う。

チックコリア、パットメセニーとかからもめちゃめちゃ絶賛されてるらしい、つよ。

まとめられてる良い記事見つけた。
https://www.google.co.jp/amp/s/amp.redbull.com/jp-ja/jacob-collier

この曲は情報量多くて、お腹いっぱいになっちゃう人も居るかも。バラードとかもいっぱいあるんだけどね。次回に紹介するけど、現代のVan Dyke Parks的な❓

大学の時のロックな先輩に聞かせたら、嫌がりそうな感じ🤔「伝えたいことがよくわからない」って言われそう。

けど思うのが絶妙に収まってること。
ノイズアーティストの曲はめちゃめちゃはみ出てて、それはそれで良いけどやりすぎ感を大衆は受け入れなかったりする。

上記の曲は大衆ウケもいいもんね。

次回はVan Dyke Parks。












前回はSnarky Puppy、関連して今回は元メンバーのCory Henry。



オルガンの技術すげえなあって思って最初は見てた。
足元もあんなに動いて、脳どうなってんのって感じ笑

歌も歌うみたい。(本当はそれがやりたいんかな?)
最近の映像になるにつれて、どんどんアクセサリーがジャラジャラさせてきてるのは気になるけど、歌うの好きなのはいいと思うよ❗️となんか上から目線😂


これなんていう楽器かわからんかったけど
ハーペジーっていうらしい🤔

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Harpejji


どうやって弾くのかよくわからんもの簡単に弾けちゃうとかスゴ。




↑これ結構好きで聞いてた。
2:50くらいのグルーヴたまらん😎色々動画出てるけど、
オルガンの音もいいし、気持ちいいフレーズがめちゃめちゃ入ったgoodなバージョン。

次回はJacob Collier。





















出会いはこれだったな。


ソロのみ



ソロうまー!になる前に
みんなうまー!だったよ(地味にすごいことしてる)ソロは派手❗️

ほんとアカデミックな人たちや。
映像はちょっと古いかな?今はメンバー結構違うと思う。
あと好きな曲はこれ。


ドラム3人で回してる、もうわけわからん

ギターも3本とかいて、大渋滞しないのはすごいことよ。(弾かないひといるのかもしないけど)

コラボも色々やっててバックバンドやらせたら最強な人たち。
日本でも誰かのバックにやらんかな。

次回はCory Henry。


このページのトップヘ